フードネイチャー・プレミアム
マキベリー フリーズドライ・パウダー

maquiberry_pw_240wx
チリのマキベリーを凍結乾燥したローフード
スムージーやジュースに不可欠
アメリカUSDA認定原料
この商品のご購入はこちら

マキベリーとは

マキは、南米チリのパタゴニア地方の奥地に自生する、4~5メートルほどの植物で、その小さな果実(直径4ミリほど)をマキベリーといいます。
maquiberry300
マキベリーには、デルフィニジンをはじめとするアントシアニンが豊富に含まれています。
アントシアニンは、ポリフェノールの一つで、強い紫外線などの厳しい環境や天敵からの自己防御のために植物自身がつくりだすものです。
チリ南部の厳しい気候と、この30年間に5割ほど増加したといわれている強力な紫外線に対抗するために、この地域の果物やベリー、特にマキベリーはアントシアニンを増加させてきました。
フードネイチャー・プレミアムのマキベリーは、チリ南部のパタゴニア地方の野生のベリーを手摘みしたものを新鮮なままフリーズドライ(凍結乾燥)させました。
マキベリー フリーズドライ・パウダー100%です。他の原料や添加物を使用していません。
maquiberry_pw300

伝統的なマキベリーの利用法

チリのパタゴニア地方の先住民であるマプチェ族は、誇り高い民族で、アメリカ大陸でヨーロッパ人に征服されなかった唯一の部族として知られています。
ヨーロッパの征服者たちは、マプチェ族の勇士は、食事の代わりに、1日に何度もマキベリーの飲み物を摂っていたと報告しています。
マプチェ族は何千年もの間、マキの果実(マキベリー)だけでなく、葉、茎、そしてその生ジュースや発酵ジュースを様々な用途に利用してきました。

マキベリー フリーズドライ・パウダーのご利用方法

ジュースやスムージー、アイスクリーム、スナック、シリアル、デザート、エナジー・バーなどに茶さじ1~2杯を目安に加えて、リアル・フードをお楽しみください。

マキベリーとORAC値:参考

ORAC値とは、食品の持つ、フリーラジカルを中和する力を測定した値です。果物や野菜の数値は、グラム当たりのトロックス等価(μmole TE / g)であらわされます。
maqui_orac600
マキベリーのORAC値は、ベリーの中でも特に高いことがわかります。
※ ご注意:
 ・ ORAC値は、人に対する値ではありません。
 ・ ORAC値は、食品の、フリーラジカルを中和する力を測定する方法の1つにすぎません。
 ・ ORAC値は、人の健康に直接、関連するものではありません。
 ・ 参考資料の1つとしていただければ、幸いです。

この商品のご購入はこちら